鍵が大切!大事な自転車の盗難を防ぐためには

古い自転車が案外狙われる

自転車はうっかりしていると盗難に遭ってしまうことがあります。では、盗難被害を避けるためにはどうすればいいのでしょうか。まず、一番大事なのは鍵をきちんとかけるということです。かなり古い自転車で見かけがよくないから誰も盗る人はいないだろうと、鍵をかけずに駐輪する人もいますが、そういった自転車だから狙われるということもあるのです。なぜかというと、価値がなさそうだから勝手に乗っていっても大事にはならないだろうと考えられてしまうからです。

帰宅の足代わりに勝手に乗っていく人から自転車を守る

古い自転車を勝手に乗っていってしまう人はどういうタイプが多いかというと、お酒などを飲んで帰りが遅くなり、バスもなくなってしまったので歩いて帰るしかなくなったという人です。こういう人は、ちょっと借りるつもりで駅前に駐輪されている自転車の中から、鍵がかかっていなくて簡単に乗っていけるものを探し出します。なので、こういう人から自転車を守るためには、簡単に乗っていけないようにする、つまり鍵をかけておけばいいのです。

転売目的で盗む人から守るためには

しかし、中には自転車を転売するつもりで盗む人もいます。こういう人は鍵がかかっていようがいまいが、まったく関係ありません。高く売れそうな自転車を見つけたら、いろいろな道具を使って鍵がかかっていても壊してしまい、持って行ってしまいます。転売目的で盗む人から自転車を守るためには、長時間の駐輪を避けること、そして家に帰ったら駐輪場ではなく部屋に入れるということが大事です。基本的に屋外に置く時間が長くなればなるほど盗まれやすいと考えましょう。

名古屋の自転車のショップなら、大きな展示場のニコー製作所です。特徴は200台以上の品ぞろえ豊富なところです。